高校生がうつ病で不登校になってしまったら。

 

現代社会において、うつ病は大人だけではなく高校生などの年代の子供にも蔓延している症状と言えます。

 

高校生のみならず、大人にも気分の浮き沈みは誰にでもあるものです。

 

しかしあまりにも、調子がでない!おかしいなと感じたら、うつ病の可能性もあります。

 

 

中学生うつ病で不登校

 

受験や部活動など、ストレスのかかる高校生の時期に、自分の脳内のコントロールができなくなり、食欲不振、睡眠障害、不登校などこのような症状がでてきていたら、うつ病の可能性もあります。

 

 

自分の心と身体のコントロールができなくなる前に、何らかの対処をすべきでしょう。

 

高校生のうつ病の症状について

高校生のお子さんが「死にたい」「生きる意味がわからない」などの言葉を発しているときは、うつ病予備軍の可能性があります。

 

 

身近な家族や学校の先生、友達がもし本人の変化に気づいたなら本人と腰をすえてじっくりと話す時間を設けてみましょう。

 

最初はなかなか会話にならなくても回数を重ねるごとにお互いの信頼関係も増し会話になってくるものです。

 

思春期真っ只中の高校生を病院へ連れて行こうと思ってもなかなか応じないケースもあります。
そんなときにも、親御さんが親身に接し時間を取ることで、だんだん話す回数も増えてきます。

 

まずは焦らず「あなたのことを心配しているんだよ」ということを言葉だけではなく態度で伝えるようにしましょう。

 

高校生の不登校。子供なりにいろいろと悩んでいる

なぜ私がこのような高校生のうつ病について語れるのかというと、体験者だからなのです。

 

わたしの息子が高校生のときに不登校になってしまいました。

 

不登校になるまでの予兆はありました。

 

しかしながら、私の仕事に夜勤があり、子供を起こすことが出来ない日もありました。

 

ようは、子供に目が行き届いていなかったのです。

 

結論的に、今だからわかるのですが子供は寂しかったのだと思います。

 

夜勤があることで、昼間も寝ている私。

 

高校生なりに、さまざま会話をしたい息子。

 

彼が夜更かしをして テレビゲームをしていることさえ注意できない日々が続きました。

 

当然、次の日の朝、起きれない息子。

すでに会社に行っている私。

 

この悪循環が、子供の不登校に繋がりました。

 

高校生 不登校、勉強についていけない、、、落ち込む

負のサイクルのようなライフスタイルへ1年、また半年と続くのでした。

 

先生方と相談もしました。

市の相談員の方との面談もありました。

 

息子を連れて心療内科へもいきました。

 

睡眠薬もいただきました。

 

わたしも会社を長期で休みました。

 

それでも、息子の不登校はなかなか直りませんでした。

 

一度遅れてしまった勉強を取り戻すのは相当な勉強時間と覚悟が必要です。

 

本人次第のところもありますが不登校は社会との繋がりが薄くなりがちですのでなかなか難しい問題といえます。

 

そんな息子ですが現在は、通える通信制の高校へ通っています。

 

今の日本社会には、偏差値や内申書も必要のない高校がたくさんあります。

 

通信制高校は基本的には、誰でも入学できます。

 

入学してからは、規定の単位をとる必要があります。
単位を取るには、レポートを提出します。
そして、高校などの会場へテストを受けに行く必要があります。

 

 

毎日学校へ通う必要はありません。

 

そのため、不登校の高校生、高校生さんへ無理やり勉強、勉強と言わなくても大丈夫ですよ。

 

子供なりに将来のことは考えています!

 

今では、うちの息子は、通信制の高校へ週1回通いながら土日はコンビニでアルバイトをしています。

 

自分のお小遣いを稼ぎながらすきなゲームをしています。

 

高校を卒業することができたら
大学や専門学校へ行く道も開かれます。

 

偏差値の高い高校へ行かなくてもすべての子供へ道は開かれます。

うつ病高校生の接し方5選!思春期の鬱は親の接し方が大切?!

 

 

高校生のうつ病。自殺行為に注意!鬱病の症状。学校は不登校になるの?