高校生のうつ病の子供が増加しています。

 

うつ病の高校生は他人事ではなく、もしかしたらあなたの子供がうつ病になる可能性もあります。

 

うつ病になると、学校は不登校気味になるのでしょうか?

 

うつ病になると、自殺行為をする高校生もでてきます。

 

なるべく早く解決できるように!うつ病の高校生への親の接し方などについてご紹介しています。

 

高校生や中学生にも起きる うつ病 鬱症状って?

高校生うつ

 

昔はうつ病は、ストレスの多い社会人や主婦や退職後に起きるサラリーマンの症状とも言われていました。
過度のストレスが原因で、心のバランスを崩してしまう大人が多いのは現代病によるものでした。

 

しかし、現代では、比較的若年層の高校生においても、病や自殺行為まで起こりうるようになってきました。

 

それでは、高校生、中学生にも起こり得る「うつ病の症状」についてまとめてみました。

 

高校生 中学生 うつ病の症状「精神的なものなの?」

 

高校生や中学生のうつ病の症状とは実際にどのような症状のことを指すのでしょうか?

 

ここでは、高校生・中学生のうつ病の症状に多い、精神的な症状についてご案内します。

 

気分の落ち込み

不安、焦り、悲しみなど

急に不安に感じたり
意味もなく焦る
何もないのに急に悲しくなり涙がでてきたりする

 

自分に自信がなくなり
生きる価値がないと感じてしまったり
みんなにバカにされていると根拠もなく思う。

 

このような気分の落ち込みがあり、明らかに以前はこのような気持ちにはならなかったと感じることがあれば、うつ病の症状にあると疑ってみてもよかもしれません。

 

自分で判断をせず、専門の心療内科へ出向き診察してもらいましょう。

 

病院に行っても、待ち時間の割に、診断時間が短かったり、事務的に薬だけ出されてしまっておしまい!なんてこともあるかもしれません。

 

それでも、気分の落ち込みや、朝起きれないなどの症状が続く場合には、まずは心療内科などの専門医にかかることが必要です。

 

ただ、高校生の場合は、どこの心療内科でも診てもらえるのか?というとそうとも限りません。

 

実は、街にある心療内科は大人専門医になっています。そのため、電話やインターネットなどで子供や高校生を診てもらえるのか確認をとりましょう。

 

そして、初診には予約が必要なところがほとんどです。

事前に予約をしてから心療内科へ行くようにしましょう。

 

うつ病ってなに?Wikipedia

そもそも、うつ病って何でしょうか?

高校生もうつ病になるのでしょうか?

 

ウィキペディアの情報を参照しました。

 

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。

 

Wikipediaの情報によると、子どもでもうつになる場合があります。

 

日本の子どもの大うつ病の時点有病率は児童期で0.1-2.6%

青年期で0.7-4.7%とされています。

 

カナダの12-19歳人口においては、おおよそ男性で5%、女性で12%が大うつ病エピソードを経験しているとのこと。

 

カナダは、日本より、うつ病発祥率が高いようです。

 

高校生うつ病 不登校 学校へ行けない

高校生でうつ病になりますと、当然学校への通学にも支障がでてきてしまいます。

 

不登校
無気力
朝起きれない

 

不登校が続くことがあれば、何らかなの心理的な問題があるのかもしれません。

 

以前は、朝起きれていたのに

今は学校へ行く気力が全く出ない

朝起きれない

 

このような症状が続けば、うつ症状の可能性があります。

 

うつ病の高校生は学校はどうしているの?

 

しかし、ここで気をつけたいのが、何らかの原因や理由が明確の場合に朝起きれないこともあります。

 

例えば、テストが面倒くさい
先生、友達ともめてしまった

仲間外れにされている

 

 

なにか問題が明確な場合には、大事に至る前に、解決する方向へ歩まなければなりません。

 

長期に学校へ行かないことで、うつ病ではないのに、うつ病になってしまうこともあります。

 

原因が見つからないのに、日内変動などの、朝辛く、夕方らくになる症状があれば、一度診療内科へ行ってみてくださいね。

 

高校生のうつ病は親の接し方が大切!

現代では、高校生のうつ病の子供がいる人が増えてきています。

 

もしあなたのお子様がうつ病になってしまったら、親の自分が悪いなどと自分を責めるのはやめましょう。

 

あなたが自分を責めても解決できる問題ではありません。

 

高校生は多感な時期ですので、子供にもいろいろ悩みはあるのです。

 

こちらの記事では、高校生のうつ病の接し方!親としてどのように子供に接すればよいのかをお伝えしています。

 

うつ病高校生の接し方5選!思春期の鬱は親の接し方が大切?!

 

高校生の鬱病と自傷行為、自殺行為

中学生高校生うつ

 

もし高校生のお子様に自傷行為や、自殺行為がある場合には、一刻を争う必要がでてきます。

 

すぐに病院へ連れて行き、お子様を監視できる環境に置く必要があります。

 

そして、心の快方へ向かうように、信頼できるカウンセラーの方と綿密に相談が必要です。

 

命の危険がある場合には、なんに増しても緊急に対処する必要があります。

 

今、あなたにできることを慎重に考え、そして早急に行動しましょう。

 

自傷行為や、自殺行為が慢性的になると、その気がなくても 何気なく いつもの延長のつもりが、傷が深くなり死ぬ気がなくても死に至ることもあります。

 

本人は軽い気持ちで
手首を切ったとしても
力がぐいっと入ることもあります。

 

お子さんが自殺バイブルを持っていたり、検索キーワードに、自殺や自傷行為がある場合にも注意が必要です。

 

自殺行為をする人の9割が精神疾患を抱えている

 

自殺行為をする人の約9割が何らかの精神障害を抱えていることがわかっています。

 

自殺する際に、約6割が抑うつ状態であるとのことが推定さています。

 

日本においては、重大な自殺を図った者の75%に精神障害があり、その46%はうつ病である wiki参照

 

高校生のうつ病・不登校の息子を持つ親の体験談

 

高校生の息子の経験をまとめた記事をご紹介します。
「うつ病と不登校」その原因と対処法について

高校生のうつ病と不登校。思春期うつの原因と対処法をご紹介!

 

手前味噌ですが、日頃からの子供とのコミュニケーションが大事だと感じています。

 

子供が悩みだす前に、同じ屋根の下に住んでいる親として、いつでも子供の相談相手になれるくらいの心の余裕が必要だと感じています。

 

反省だらけ。。

 

高校生うつ病のみんなは薬はどうしているの?

高校生のうつ病のみんなは、薬を飲んでいるんでしょうか?

 

うつ病の薬は処方されているものを継続して服用するのがベストです。

軽度の鬱の場合は、投薬で改善方向へ向かうケースが多くなっています。

 

 

こちらの記事では、うつ病の薬について詳しくお伝えしています。

うつ病の薬の種類

うつ病の薬の種類。向精神薬など、現役うつ病の私が詳しくお伝えします

 

うつ病の専門病院を探すサイトはこちらです。