ウィングスパイカーの意味って、バレーボール未経験者ですと、なかなかわからないですよね。

 

オリンピックや世界選手権、グラチャンバレーなど、国際試合があるとバレーボール中継!見ちゃいますよね?

 

そんなとき、選手の名前の前に

「ウィングスパイカー 野本梨佳」なんて書いてあって、ウィングスパイカーって何?なんのこと?ってググッてしまいませんか?

 

さて、この『ウィングスパイカー』というカッコいい言葉はポジション名なのでしょうか?

 

ウィングスパイカーの意味 通称:WS

ウィングスパイカーの意味

 

WS!ってトイレではありませんよ!

Wing Spiker の略語です。お間違えなく~

 

ウィングスパイカーとは

「バレーボールにおいて主にスパイクを打つ役目をする選手のことです。」

 

試合をつくるにあたって、攻め中心のスパイカーをウィングスパイカーと言います。

 

反対に、レシーブする役割だけの選手を「リベロ」と言います。

 

ウィングスパイカーとは、スパイクを打つ役割を担った攻撃型の選手なのです!

 

ウィングスパイカーWikipedia

 

ウイングスパイカーは攻撃の要であり、攻撃力の優れた選手に対してはしばしば『大砲』と呼ばれる。

 

狭義では、レフトおよびライトからスパイクする選手をウィングスパイカー(WS)と呼び、レフトからのみスパイクする選手は、アウトサイドヒッター(OH)と呼ぶ。

 

アマチュアレベルでは、セッターの体の向きの都合上、レフトにエースを置いて、ライトはどちらかというとサブでブロッカーを攪乱させる役割を持つことが多い。

 

ただし、トップレベルになると、両者の役割の差はほとんどなくなり、むしろスーパーエースはライトが担うことが多くなる。

 

ウイキペディア参照

 

オポジット(スーパーエース)の意味とは?バレーボール用語を教えて!