うつ病,薬,種類

うつ病の薬のいろいろ

実際に、うつ病だと診断された場合

心理療法と共に薬物療法が行われます。

 

心理療法とは、ストレスをなくしたり

原因を取り除ける場合は取り除いたり

自分の考え方のゆがみ(認知のゆがみ)を矯正したりする

原因に働きかける療法です。

 

薬物療法とは、その名の通り

薬を飲むことで症状を抑える対症療法です。

 

うつ病の薬というと、依存性が高くて飲むのが怖いと思う人が多数でしょう。

 

そこで、正しい知識としてうつ病の薬がどういうものがあって効果や依存性はどのくらいかご紹介します。

 

向精神薬の種類

向精神薬とは、主に精神疾患の人に処方する薬の総称です。

 

向精神薬には、

抗精神病薬

気分安定薬

抗うつ薬

抗不安薬

睡眠薬

含まれています。

 

抗精神病薬や気分安定薬は

統合失調症や双極性障害の人に処方されます。

 

一方で、抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬はうつ病の人に処方されやすいです。

 

それぞれのカテゴリーの中に、

またいろいろな種類の薬が含まれています。

 

抗うつ薬の種類

うつ病の人が一番お世話になる抗うつ薬の種類についてご説明します。

 

現在、主流なのは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)と呼ばれる新しい薬です。

 

うつ病の人の脳内では、

セロトニンと呼ばれる幸せを感じるホルモンが少ないということが言われています。

 

そのため、セロトニンを脳内に出しっぱなしにすれば、

気分が上がるのではないかと考えて作られた薬がSSRIです。

 

そこに、ノルアドレナリンと呼ばれるホルモン再取り込みを阻害することによって、

交感神経を活発にさせて意欲や気力を高めます。

 

よりうつ病に効果があると考えられたのがSNRIです。

 

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)は

SSRISNRIとは作用機構が異なり

セロトニンやノルアドレナリンの分泌量そのものを増やす薬です。

 

NaSSAは単品では効果が薄いので

SSRISNRIと併用されることが多く

「カリフォルニア・ロケット」と呼ばれています。

 

こうした薬を使用しても効果がなかった場合は、

四環系や三環系がありますが、副作用が強いので

現在はあまり使われません

 

抗うつ薬で効果がないうつ病の場合には

向精神薬の中の抗精神病薬が使われます。

うつ病の食生活改善にオメガ3を。キノコ類・豆類・果物をバランス良く

 

抗うつ薬の特徴

うつ病,薬,種類

 

抗うつ薬の特徴として、効き目が出るのに時間がかかることが挙げられます。

気長に飲み続けましょう。

 

効果が出る前に副作用が現れる場合もありますので、

そのときは我慢して飲むべきか飲むのを止めていいのか、

主治医に確認しておきましょう。

 

また、抗うつ薬を飲まなくなったときの副作用

つまり離脱症状が問題としてあります。

 

体が薬のある状態が普通だと慣れてしまっているのに

薬が入ってこないため、体調不良をきたすのです。

 

抗うつ薬を飲んだ私の体験記

私が最初にうつ病の薬として処方されたのがSNRIであるサインバルタでした。

 

数日飲んだだけでは特に精神面に効いた感じはありませんでした。

 

とりあえず副作用も出なかったので

体が慣れたころにだんだんと量を増やしていきました。

 

量を増やしたら、少しは効き目が出てきた感じでした。

 

サインバルタを最大量飲んでも精神的に上がってこなかったので、

NaSSAであるレメロンと併用する「カリフォルニア・ロケット」を試したところ、

精神的にはすごく上がったのですが、

67時まで眠れないという不眠症に悩まされました。

 

そこから、自分に合う抗うつ薬が始まりました。

 

その後、レメロンを止めて、徐々にサインバルタを減らしました。

 

サインバルタはカプセルなので、最後の1錠をなくすのが大変でした。

 

そうしてから、SSRIであるパキシルとレクサプロを試しました。

 

パキシルは2週間飲んでも全く効き目がなく、すぐに止めることになりました。

 

逆に飲むのを止めたときに「シャンビリ」と呼ばれる、

く際にかかとから頭まで神経がびりっとなるような感覚に襲われました。

 

それは1週間もしないで収まったのですが、

もっと長くパキシルを飲んでいたら、

きっと離脱症状も強かったと思うので、ぞっとします。

 

レクサプロは私には効き目が弱かったのですが、

特に副作用もなかったので、長く飲み続けました。

 

ちなみに、レクサプロの離脱症状はありませんでした。

 

うつ病の薬のことも勉強しながら、飲みましょう!

うつ病の薬として、向精神薬に様々な種類があり、

その中の抗うつ薬に焦点を当てて、ご紹介しました。

 

現在主流である、SSRISNRIでも様々な種類があります。

 

そのため、自分に合う薬を見つけるのが、うつ病を早く治す秘訣です

 

主治医に処方されているのを飲めばいいやというだけでは、

自分のうつ病に向き合えていません。

 

そのため、自分の飲んでいる薬の作用機構や副作用などを調べたり

日々の体調の変化を記録したりして、ちゃんと病気と向き合いましょう。

 

そうすれば、自分に合う薬が早く見つかるでしょうし、

寛解(うつ病では完治ではなく寛解という言葉を使用します)も近くなるでしょう。

うつ病の薬で太るの?15キロ太った私の体型維持の方法と体験談

うつ病に関する記事はこちらからご覧いただけます。