うつ病の過ごし方。一人で過ごす時間のつらさ・解決法

うつ病休暇中の過ごし方

 

うつ病などの精神疾患にかかると、家や部屋などで一人で過ごす時間が多くなると思います。

 

普通の生活を送っている人ならば、一人の時間がほしいと思う人もいるでしょう。

 

しかし、一人で過ごす時間が非常に多くなると、ストレスを感じるものです。

 

家族と過ごしていれば、まだ人とかかわる接点はあるでしょうが、一人暮らしをしていたら、声を発することなく一日を終えることもしばしばあるでしょう。

 

そうした一人で過ごす時間のつらさやその解決法を考えていきたいと思います。

 

 

うつ病の休暇中の過ごし方。一人で過ごす時間のつらさ

 

会社や学校などに行って、人と話す場所があると、楽しいものです。

 

しかし、うつ病などの精神疾患を患っている人は、そういった場所に出向くのは非常に困難です。

 

普通の人は、一人の時間があって楽しくゲームやインターネットをできて楽しめていいじゃないか、と思うかもしれません。

 

しかし、一人で家や部屋にこもっていても、何もすることがないのが現状です。

 

そのため、毎日変化のない24時間を何回も、何十回も、何百回も繰り返さなければならないのです。

 

人間は、変化のない状況に対して最初は安心感やを感じますが、それがずっと繰り返されると、飽きてきます

 

飽きてもそうせざるを得ないのが、精神疾患を抱えている人の日常の暮らしなのです。

 

一人で過ごす時間のつらさの解決法

 

このつらさの解決法としては、大きく2つ挙げられます。

 

1つ目は、一人で過ごす時間を楽しくすることです。

 

そんなことできたら苦労しないよ、と思われるかもしれませんが、今までやってみなかった一人作業に没頭してみるのはいかがでしょうか。

 

手芸や陶芸などは、手先を使うので、頭が活性されますし、集中力が必要となるので、リハビリになります。

 

2つ目は、人と過ごす時間をちょっと頑張って作ってみることです。

 

現在は、NPO法人などで同じような病気を持った人の集まる会が開催されていたり、通っている病院の中でデイサービスのような集まりもあったりするでしょう。

 

そうした場所を通して、人とかかわる時間を作るのがおすすめです。

 

最初から、健常者ばかりの場所に行こうとすると、エネルギーが大量に必要となりますので、続けられない可能性が高いです。

 

 

うつ病の過ごし方 休日を一人で過ごす経験談

 

私は、一人で過ごす時間が増えたのは、精神疾患にかかった直後と、会社を辞めた時の二回です。

 

精神疾患にかかった直後は、親の声やテレビの声がうるさくて、部屋から出たくありませんでした。

 

そのため、一週間は布団から出られないような状況が続いていたと思います。

 

布団から出られなくても目は覚めていますので、何かを考えてしまいます。

 

そうした場合、たいてい良いことは考えられません。

 

 

うつ病の希死念慮(死にたいという願望)との戦いについて

 

希死念慮(死にたいという願望)が強かったため、どうやって死のうかばかり考えていました。

 

テレビを見られる状況ではなかったので、特に楽しみもなく、ただ時間を過ごしているだけでした。

 

会社を辞めた後は、社会との接点がなくなったため、結果的に一人で過ごす時間が増えてしまいました。

 

家にいても特に家族と話すわけでもなく、ただ一人で暮らしているかのごとく過ごしていました

 

趣味を少しづつ始める

 

時間ができたので、資格勉強や手芸に励むようになりました。

 

特に、手芸は昔からの趣味で、洋服のリメイクをしたりヘアアクセサリーを作ったりと、いろいろ作業しました。

 

そうした何も考えずにできる作業が自分の精神状態を保つために役に立ったのかなと思います。

 

今は、健常者の社会人サークルで友人関係を構築し、一週間で一人だけで過ごす時間はなくなりました。

 

また、これから通っている病院でデイサービスが開始されるとのことなので、積極的に参加してみたいと思っています。

 

うつ病の自宅での過ごし方 まとめ

 

ここでは、一人で過ごす時間の大変さと解決法をご紹介しました。

 

人間は一人で過ごす時間も必要ですが、一人で過ごす時間ばかりになると、より精神状態が悪化します。

 

まずは、病院の先生や看護師からでもいいので、他人とかかわる時間を持つことが重要です。

 

解決法としては、一人で過ごす楽しみを見つけることと、他人と過ごす場所になんとか出向くことです。足が重いとは思いますが、少し行動してみれば何とかなるものです。

 

主治医に相談しながらでいいので、小さな行動を起こしてみましょう。

うつ病になると趣味ができないし・楽しくない・・私の体験談

 

 

うつ病の治療での困りごと。治療期間が長くなると色々不安がある・・